夜間想定防災訓練

0

    3月15日。白朋苑で夜間を想定した防災訓練を行いました。

     

    白朋苑の夜勤体制は2階と3階に各2人ずつ。万一火災が起こったときには4人が協力して入居者の安全を確保していかければなりません。夜間は人数が少ないためにそれぞれの職員が高い意識を持って動く必要があります。

     

    1階事務所にて火災表示機が3階の火災を報知。非常放送で3階の職員に確認が要請されました。

     

    ▲夜勤の職員2人がヘルメットを装備して火災現場に確認に向かいます。

     

    ▲火災現場。

     

    職員が火災現場の入居者を室外へ避難させます。同時にもう1人の職員は2階職員に応援を依頼します。

     

    ▲火災現場入居者の廊下への避難。

     

    ▲消火器の消火に続いて消火栓を使った消火へ。

     

    ▲初期消火による鎮火は困難と判断して避難誘導に切り替えます。

     

    ▲避難出口まで入居者を誘導、点呼。「初期消火不可能のため、事務所への連絡をお願いします」

     

    ▲2階の夜勤職員が応援に。

     

    2階担当の夜勤職員が3階に駆け付け、入居者点呼を行います。

     

    ▲2階担当者が事務所に報告。

     

    2階担当者は2階と3階の両階の点呼を確認し、結果を事務所に報告しました。

     

    白朋苑の施設は火災を検知すると、消防署へ自動的に通報、施設内では警報とスプリンクラーによる自動消火が行われるようになっています。出火した部屋のドアも自動で閉まり、延焼はしにくい構造になっていますが、やはり最後は人の対応力が問われます。

     

    誰が夜勤の担当でも同じように正しい行動がとれるよう、日頃の訓練を定期的に行っています。

     

     


    認知症サポーターになりました!

    0

      白朋苑特別養護老人ホームの介護担当者が認知症サポーターになりました。

       

      認知症サポーターとは、「認知症を正しく理解して、認知症の人や家族を温かく見守る応援者」のことです。高齢者が増えることで認知症の人も増えてくるといわれています。

       

      例えば街中で認知症の方が道に迷っていたら、正しく理解したうえで声かけができ、ふさわしい対応ができる、そういう人がたくさん増えることが望まれています。

       

      特に試験を受ける必要などはありません。認知症サポーター養成講座を受けることで「認知症サポーター」になることができます。

       

      ▲今回総勢20人の介護職がサポーターになりました。

       

      ▲このオレンジリングが認知症サポーターの印です。シンボルキャラクターは「ロバ隊長」。

       

      認知症の方も安心して暮らすことができる街づくり。認知症サポーターはその役割を担うことになります。高齢者も認知症の方も暮らしやすい地域になるよう、小さなことですが私たちにできることを積み重ねていきたいと考えています。


      「心からありがとうを言いたくて」

      0

        2018年大みそか。TVKテレビ神奈川で「心からありがとうを言いたくて〜第7回かながわ感動介護大賞」が放送されました。

         

         

        山口恵美子様の「施設職員の方々へ感謝」がかながわ感動介護大賞最優秀賞に選ばれ表彰された件はこのブログでも紹介しました。[表彰の様子はこちら(ブログ)]

         

         

         

        番組では11月の表彰の様子と、山口様の語りを交えながらご家族の体験が紹介されました。舞台となった白朋苑も取材されています。

         

         

         

         

        山口様のご両親、田中佳年様・チエ様ご夫妻は入居の時期は違うものの、ともに白朋苑に入居されました。佳年様は平成28年に亡くなられましたが、ご葬儀の後、葬祭場に向かう途中で立ち寄った白朋苑で、お母さまのチエ様と最後のお別れができた、という体験が語られます。

         

         

        葬儀当日、相談員や介護担当者がチエ様を白朋苑の玄関までお連れし、お別れができるように段取りさせていただきました。

         

         

        葬儀に参列できなかったチエ様と最後のお別れのときを作ることができ、ご家族にも喜んでいただけて本当に良かったと思います。

         

         

        相談員や介護者は日頃、目先のことに追われる毎日となりがちですが、今回の受賞により「介護を通じて人のために役立ちたいという初心」を思い出させていただくことができました。

         

        * * * * * * 

         

        山口様が感謝のお気持ちを作品にして下さり形にしてくださったことを、白朋苑としても大変感謝しています。職員一人一人のやりがいに繋がることと感じています。改めてありがとうございました。

         

        番組を見逃した、またもう一度見たい、という方は白朋苑までお問合せください。事前にご連絡の上、来苑いただければ録画したDVD(テレビ視聴用)をお貸しします。

         

        またTVKにより例年ユーチューブにも動画としてアップされるようですので、アップされましたらこちらでもご紹介したいと思います。

         

        [おことわり]掲載している写真は TVK テレビ神奈川様、神奈川県のご了承をいただき、番組内の画像を使用させていただきました。

         



        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << March 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:238 最後に更新した日:2019/03/19

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM