「心からありがとうを言いたくて」

0

    2018年大みそか。TVKテレビ神奈川で「心からありがとうを言いたくて〜第7回かながわ感動介護大賞」が放送されました。

     

     

    山口恵美子様の「施設職員の方々へ感謝」がかながわ感動介護大賞最優秀賞に選ばれ表彰された件はこのブログでも紹介しました。[表彰の様子はこちら(ブログ)]

     

     

     

    番組では11月の表彰の様子と、山口様の語りを交えながらご家族の体験が紹介されました。舞台となった白朋苑も取材されています。

     

     

     

     

    山口様のご両親、田中佳年様・チエ様ご夫妻は入居の時期は違うものの、ともに白朋苑に入居されました。佳年様は平成28年に亡くなられましたが、ご葬儀の後、葬祭場に向かう途中で立ち寄った白朋苑で、お母さまのチエ様と最後のお別れができた、という体験が語られます。

     

     

    葬儀当日、相談員や介護担当者がチエ様を白朋苑の玄関までお連れし、お別れができるように段取りさせていただきました。

     

     

    葬儀に参列できなかったチエ様と最後のお別れのときを作ることができ、ご家族にも喜んでいただけて本当に良かったと思います。

     

     

    相談員や介護者は日頃、目先のことに追われる毎日となりがちですが、今回の受賞により「介護を通じて人のために役立ちたいという初心」を思い出させていただくことができました。

     

    * * * * * * 

     

    山口様が感謝のお気持ちを作品にして下さり形にしてくださったことを、白朋苑としても大変感謝しています。職員一人一人のやりがいに繋がることと感じています。改めてありがとうございました。

     

    番組を見逃した、またもう一度見たい、という方は白朋苑までお問合せください。事前にご連絡の上、来苑いただければ録画したDVD(テレビ視聴用)をお貸しします。

     

    またTVKにより例年ユーチューブにも動画としてアップされるようですので、アップされましたらこちらでもご紹介したいと思います。

     

    [おことわり]掲載している写真は TVK テレビ神奈川様、神奈川県のご了承をいただき、番組内の画像を使用させていただきました。

     


    南区福祉功労者感謝の会

    0

      11月14日(水)平成30年度の「南区福祉功労者感謝の会」がARC横浜レストランで開かれました。白朋苑でもボランティアでご活躍されている平戸奈々枝様、八巻典子様、三好和子様が表彰されました。

       

      「地域や施設で暮らす高齢者のために、ボランティア活動を行っている方々」としての表彰です。大木節裕南区長と大津南区社協会長より表彰状が授与されました。

       

      ▲八巻典子様。書道クラブで指導をされている先生です。

       

      ▲美容師の平戸奈々枝様。白朋苑の在苑者・ご利用者のカットなどしてくださっています。

       

      ▲三好和子様は洗濯などのボランティア活動で助けてくださっています。

       

      ▲大津幸雄南区社会福祉協議会会長と大木節裕南区長、六ツ川地域CPと白朋苑で福祉活動を行っている皆さんが、ご一緒に記念撮影。

       

       

      表彰の後はピアニストの杉山泰さん・宇治田かおるさんご夫妻による「うさくま」ミニコンサートも開かれました。

       

      いつもボランティア活動を通じて高齢者の皆さんを助け、白朋苑も助けていただいています。本当にありがとうございます。この度は表彰おめでとうございました。


      白朋苑の合同防災訓練

      0

        11月13日(火)白朋苑で合同防災訓練を行いました。大岡千保町内会、南消防署大岡出張所、設備会社の方々にもご協力をいただいての総合訓練です。

         

        ▲特養の3階居室より出火したという設定。実際に居室内の火災報知器を作動させて訓練を行いました。

         

        ▲火災報知器が作動すると居室入口の防火扉が自動的に閉まります。(手を使って開くことができます)同時にドア左上の小さなランプが赤く点灯します。

         

        ▲職員が火災発生元の現場確認に走ってきました。

         

        ▲館内に出火場所の非常放送が流れ、在苑者に防災頭巾をかぶせるなどの対応が始まっています。

         

        ▲他の職員が消火器を持って駆け付けてきました。

         

        ▲火災元の(奥の居室スペース)に向かって初期消火に取り掛かります。

         

        ▲1階から相談員も駆け付け、火元に近い居室から入居者を避難させていきます。

         

        ▲消火器を使っての初期消火に続き、別の職員が近くの消火栓を使って消火に努めます。

         

        ▲園庭ではデイサービスのご利用者の避難が完了していました。大岡千保町内会の皆さんが手を引いて避難を助けていただいています。

         

        ▲訓練用に非常用大型テントを用意しました。実際に火災などの他、災害が起こったときにもこのテントを利用します。

         

        ▲南消防署大岡出張所の方から講評をいただきました。

         

        白朋苑は防災設備が整っている点が良いが、職員の数に比較して入居者が多いので、地域の方が協力して助けてくれることは重要、普段からこうして地域の人と顔の見える訓練をすることが良い。などの講評をいただきました。

         

        ▲講評の後に水消火器を使って消火器訓練をおこないました。千保町内会の皆さんにも加わっていただきました。

         

        大岡千保町内会の皆さん、南消防署大岡出張所の皆さん、ご協力ありがとうございました。白朋苑では毎年、定期的に防災訓練を行っています。今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

         



        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << January 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:231 最後に更新した日:2019/01/12

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM