健康講座4「膝痛・肩・腰痛などにツボを使ったセルフケア」

0

    9月12日(水)地域包括支援センターが主催する健康講座「いつまでも自分の足で歩きたい…体づくりをしてみませんか」の4回目が開かれました。

     

    今日のテーマは「膝痛・肩・腰痛などにツボを使ったセルフケア」。株式会社フレアス(フレアス在宅マッサージ横浜あさひ)からお二人の方を講師にお迎えして元気に歩くためのツボを教えていただきました。

     

    ▲講師のお二人はボランティアでのご協力です。ありがとうございます!

     

     

    一般に訴えの多い症状としては、肩こり、腰痛、膝痛、冷え、むくみなどがあるそうです。それらに加えて、いつまでも健康に歩くために、●歩行後の疲労を緩和させるツボ、●食欲を促進させるツボ、●痩せるツボなどを教えてください、とリクエストしました。

     

     

    症状別に肩こりに効果が期待できるツボのマッサージをします。上の写真は曲池(きょくち)というツボをマッサージしているところ。講師の方が参加者一人一人に「ここですよ」と位置を示してくれるので、よくわかりました。

     

    ツボっていうのは針の先で点くような小さなポイントではなく、100円硬貨ほどの大きさだそうです。だいたいの位置を指で押すと良いと教えていただきました。

     

    ▲ツボ押しの他に血行をよくするストレッチなども行います。

     

    ▲腰痛に効く「腰腿点(ようたいてん)」というツボは手にあるのだそうです。体は全部繋がってるんですね。

     

    ツボ押しはどの位置をどのくらいの強さで押せばいいのかわかりづらいと思っていたのですが、実際に自分のツボを押してもらって皆さん納得していらっしゃったようです。自宅に帰ってからも自分でツボ押しができるのではないでしょうか。

     

    ツボ押しを通して自分の体と向き合い、じっくりお手入れできるのもいいですよね。

     

    健康講座の第二弾は次9月19日(水)が最終回。「転ばない環境づくり」と題して福祉用具専門相談員の方にお話を伺います。時間は午前9時半から10時半です。

     

    こちらもぜひご参加ください。お待ちしています。

     


    健康講座〜「ずっと歩くための食事のお話」

    0

      8日は健康講座の2回目。前回と同じく白朋苑の地下食堂で13:30〜15:00に開かれました。

       

      「いつまでも自分の足で歩きたい・・体づくりをしてみませんか」という全体のテーマの中、食事面でどういうことに注意していけばいいのかというお話です。

       

      ▲この日は台風が接近する中、11名の方が参加されました。

       

      ▲講師は白朋苑の山田管理栄養士です。

       

      講話では健康寿命を長くするために、身体のバランスを考えて生活すること。特に体重管理の重要さと筋肉の重要性、筋肉をつけるための簡単で効率的なレシピなどが紹介されました。

       

      最後に「咀嚼判定ガム」で噛むちからをチェック。元気に食べるために口の中の筋肉が弱っていないか、チェックできるというガムです。

       

      ▲「咀嚼判定ガム」

       

      咀嚼判定ガムを約2分間噛んで、噛んだガムを口から出し、パッケージに印刷されているカラーチャートの色と見比べてみます。

       

       

      噛む力が弱ってくると色が緑色だったり、マーブル状のまだらな模様が出てきたりするそうです。

       

      皆さん、全員赤い色をしていました。赤い色はよく噛めているという判定です。このまま筋力を維持して健康を保っていきましょう!

       

      次の健康講座は三回目。「歩くための運動の実践」というテーマです。8月22日(水)開催です。次回もご参加をお待ちしています。


      健康講座〜「歩く」ってどういうこと?

      0

        7月25日(水)13:30〜15:00、白朋苑の地下食堂で健康講座を開きました。地域包括支援センター白朋苑が主催、南区役所高齢・障害支援課の共催で行うもので、今日は5回シリーズの1回目となります。

         

        ▲前日横浜市の最高気温は34.9℃という猛暑。本題の前に熱中症予防について保健師から話がありました。予防法は「水分補給」と「暑さを避ける」この二つ。特に高齢者は暑さを感じにくいということもあり、まわりと協力して予防しましょうなどのお話でした。

         

        毎年夏になると熱中症予防の話は耳にしますが、今年の暑さは特別です。皆さん、より熱心に聞かれているように思えました。

         

        さて次が今日の本題。「歩く」ってどういうこと?〜歩行のメカニズムと運動〜 と題した講演。講師は訪問看護ステーション白朋苑の松田理学療法士です。

         

        ▲歩くための筋肉について学んでいるところ。実際に自分の足を動かし触ってみて、どの筋肉がどう動くかを実感します。

         

        ▲人にはそれぞれ歩く癖があるので、自分の歩く癖を知るということが大事だそうです。今日は歩き方を見てチェックするのではなく、普段履いている靴を持って来てもらい靴底の減り方から自分の歩き方の癖をチェックしました。

         

        ▲靴底の減り方をタイプに分け、歩き方の癖を理解し、それぞれ注意するポイントを教わります。

         

        ▲最後はバランス能力のチェック。片脚立位(片足立ち)を何秒できるかテストしてみました。年齢によって平均秒数がありますので自分が平均よりできるのかできないのか、バランス能力がわかります。

         

        参加者の皆さんは、自分のどの筋力が劣っているか、自分はどのような点に注意して歩けばよいか、など実感されたと思います。いつまでも元気に歩いていたいものですね。

         

        健康講座は残り4回あります。次回は8月8日(水)「ずっと歩くための食事のお話」です。次回もぜひご参加ください。お問い合わせは地域包括支援センター白朋苑(045-742-0866)まで。

         

        ※本日の講師、松田理学療法士は訪問看護ステーション白朋苑のブログを書いています。こちらもご覧ください。



        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:213 最後に更新した日:2018/09/18

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM