みどりの家のスモールワールドでかわいい飾り(貼り絵)

0

    みどりの家では毎月第四火曜日の10時から11時半まで「スモールワールド」という未就学児対象の親子サロンが開かれています。( 7月、8月、1月はお休み)子供さんと保護者のお友達作り・情報交換の場で、白朋苑の地域包括支援センターがそのお世話をしています。

     

    スモールワールドには毎月テーマがあります。乳幼児を持つお母さん、お父さん方に役に立つ情報をお知らせする月、音楽遊びやクリスマス・ひなまつりなどの季節の催しを楽しんで遊ぶ月もあります。

     

    先月地域包括支援センターの職員が材料を作って、スモールワールドに集まってきた皆さんが飾り付けをした張り絵が飾ってあります。すごくかわいい貼り絵ができましたので写真を撮ってきました。

     

    ▲こちらが完成した貼り絵。大きな模造紙いっぱいにかわいい花やミツバチが飛びかっています。模造紙に桃の木と枝の部分だけを貼り付けて白紙部分にお母さんと子どもたちで花を貼ってもらったものです。花やミツバチはカラーコピー+ラミネートして用意しました。

     

    ▲どの位置に何を貼るかは自由、ちょっとした顔の向きだけでも可愛さが違ってきますね。

     

    ▲花の影から顔をのぞかせていたり、小さなてんとう虫が遊んでいたりするのも楽しい!

     

    ▲こちらは小さな花とクローバーの葉っぱの中でチョウチョが隠れて遊んでいます。(四葉のクローバーがひとつだけありますね)お母さんたちも楽しんで貼っていかれたのが伝わってきます。

     

     

    スモールワールドは原則申し込み不要のサロンです。月齢の近いお子様をお持ちのお母さん方が知り合いになれたり、子どもたちもお友達ができたり楽しく過ごせるサロンですので、ぜひご参加ください。

     

    お問い合わせは白朋苑地域包括支援センターまで。

     


    みどりの家で文化祭

    0

      11月14日・15日とみどりの家で文化祭が行われました。たくさんの人でにぎわった様子をご紹介します。

       

      普段は近隣地域の皆さんのクラブやサロンとしてご利用いただいているみどりの家。今日はパソコンクラブ、手芸クラブ、書道クラブ、絵手紙クラブなどの発表や、作品販売などが行われます。

       

       

      まずみどりの家を入ると絵手紙と書道の作品が展示されています。一枚一枚作品を見ていくと絵手紙はそれぞれに味わいがあります。書道も力強さを感じるもの、スピード感のあるもの、緻密さを感じるものなどいろいろあって面白いです。

       

      こちらはパソコン教室のコーナー。パソコン教室の先生がパソコンで絵を描く体験を指導されていました。誰でも簡単にお絵かきができるので好評です。

       

      パソコンで作ったカレンダーの展示です。決められたパターンをなぞるのではなく、生徒の皆さんが考えてカレンダーのデザインを作られたそうです。月ごとに個性が出ていますね。

       

      手芸作品の販売コーナー。手芸クラブで作った作品は初日にいっぱい売れたので残りはわずかでした。

       

      こちらはワンスリー水曜会の皆さん。白朋苑の地下食堂で毎月第一・第三水曜日の午前中、認知症予防体操などを行っています。今日は日頃練習している打楽器を合奏。「あんたがたどこさ」などを歌いながら、太鼓をドンドン、竹をコツコツ叩きます。大きな音をたてると楽しくて気持ちも良いですね。

       

      その後は皆さんとお茶の時間。真珠のかがやきの皆さんも見に来られてこの賑わいでした。

       

      昨日は「すみれショップ」、今日は「あいの木にじ」の皆さんがお菓子の販売をされました。おいしいので白朋苑の職員もたくさん買いに集まってきています。

       

      普段の活動自体も楽しいですが、こうして発表の機会があるとなお楽しいですね。芸術の秋(一部食欲の秋)を満喫した二日間でした。


      芋煮会

      0

        6月2日(金)地域包括支援センターの主催で芋煮会を開きましたのでその様子をご紹介します。時間は12時から13時半まで、会場は白朋苑地下食堂です。

         


        大岡地区、別所地区から47名の方に参加していただきました。また民生委員の方12名がご協力くださいました。いつもありがとうございます。

         

        今回のメニューはホテルバイキングをコンセプトに魚や肉をバランスよくご用意。白朋苑の管理栄養士がメニューを作り、職員が調理したお料理です。おいしそうですね。

         

        乾杯の音頭をとっていただいたのは区役所の高齢障害支援課のケースワーカー松永さんです。「カンパ〜イ」

         

        順番にお好きな物をとっていただきます。

         

        こちらはデザートのケーキ。彩りも鮮やかです。

         

        食事の後、「アルソーレファイブ」の皆さんにマンドリンの生演奏をしていただきました。

         

        曲目は「オーソレミオ」「エーデルワイス」「すみれの花咲く頃」「百万本のばら」など。またみなさんとご一緒に「青い山脈」「蘇州夜曲」「高校三年生」なども歌いました。

         

        白朋苑でマンドリンの生演奏を披露していただいたのは初めてでした。美しい響きに皆さんうっとりされていたようです。マンドリンってなかなかいいものですね。あっという間に時間が過ぎて、もっと聴いていたかったです。

         

        その後、福祉用具事業所の関さんから介護用品の紹介がありました。介護を楽にする、高齢者も自宅で安心に暮らせる便利な用品を、カタログと実際の商品を手に取りながら紹介していただきました。

         

        芋煮会の終了後は玄関でお土産の新玉ねぎを持ち帰っていただきました。

         

        皆さまお疲れ様でした。楽しい食事のひとときを過ごしていただけましたでしょうか。地域包括支援センター白朋苑では地域の福祉に貢献できるようさまざまな活動を行っています。今後の活動にもご注目、ご期待下さい。

         

         



        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << April 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        書いた記事数:195 最後に更新した日:2018/04/06

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM