夜間想定防災訓練

0

    3月15日。白朋苑で夜間を想定した防災訓練を行いました。

     

    白朋苑の夜勤体制は2階と3階に各2人ずつ。万一火災が起こったときには4人が協力して入居者の安全を確保していかければなりません。夜間は人数が少ないためにそれぞれの職員が高い意識を持って動く必要があります。

     

    1階事務所にて火災表示機が3階の火災を報知。非常放送で3階の職員に確認が要請されました。

     

    ▲夜勤の職員2人がヘルメットを装備して火災現場に確認に向かいます。

     

    ▲火災現場。

     

    職員が火災現場の入居者を室外へ避難させます。同時にもう1人の職員は2階職員に応援を依頼します。

     

    ▲火災現場入居者の廊下への避難。

     

    ▲消火器の消火に続いて消火栓を使った消火へ。

     

    ▲初期消火による鎮火は困難と判断して避難誘導に切り替えます。

     

    ▲避難出口まで入居者を誘導、点呼。「初期消火不可能のため、事務所への連絡をお願いします」

     

    ▲2階の夜勤職員が応援に。

     

    2階担当の夜勤職員が3階に駆け付け、入居者点呼を行います。

     

    ▲2階担当者が事務所に報告。

     

    2階担当者は2階と3階の両階の点呼を確認し、結果を事務所に報告しました。

     

    白朋苑の施設は火災を検知すると、消防署へ自動的に通報、施設内では警報とスプリンクラーによる自動消火が行われるようになっています。出火した部屋のドアも自動で閉まり、延焼はしにくい構造になっていますが、やはり最後は人の対応力が問われます。

     

    誰が夜勤の担当でも同じように正しい行動がとれるよう、日頃の訓練を定期的に行っています。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:251 最後に更新した日:2019/09/02

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM