ボランティア交流会

0

    2019年9月2日(月)

    白朋苑地下食堂で、日頃ボランティア活動にご活躍の皆さんと、ボランティア交流会を開催しました。(午前10時から11時半まで)


    地域包括支援センター白朋苑の主催で、区役所、地区社協からも出席・ご協力いただきました。

     

     

    参加されたのは以下のグループの皆さんです。

    ●介護予防/のびのび会、かよう吹矢の会、ワンスリー水曜会、モクモク会、脳トレウォーキング、介護予防サポーター

    ●サロン/別所サロンぬくもり、サロンみちくさ、にっこりカフェ

    ●介護予防&サロン/元気会

    ●ちょこボラ/スマイルサポート別所、大岡ふれあいサポート、送迎ボラ

     

    他所のグループの方と顔合わせできるよう、グループのメンバーは各テーブルに分かれて座っていただきました。

     

    ▲まずはテーブルごとに皆さんの自己紹介から。各テーブルには秋の花の名前がつけられています。

     

    ▲「別所サロンぬくもり」の発表です。

     

    テーブルごとの自己紹介等が終わった後、最初の発表は「別所サロンぬくもり」。グループの成り立ちや活動内容、今抱えている問題点などが述べられました。

     

    ▲サロンの活動の様子はスライドでご紹介。
     

     

    発表を聞いてからはテーブルごとのグループワークに移ります。活動で良いなと思った点や、こうしたらもっとよくなるのでは、等、感想やアイデアを出し合いました。

     

    ▲出し合った感想やアドバイスなど、それぞれのテーブルごとにまとめたことを発表します。

     

    ▲一時休憩とスリーAタイム。介護予防サポーターの方のスリーAの指導により、リラックスできました。

     

    ▲こちらは「ワンスリー水曜会」の発表。

     

    2組目は「ワンスリー会」。こちらも活動の発表の後、グループワーク、グループ発表、ワンスリー会からの感想と続き、まとめの後、会は終了しました。

     

    - - - - -

     

    日頃、ボランティア活動にご活躍の皆さんですが、あらためて他のグループの活動の発表を通じて、ヒントを見つけたり、励まされたり、またアドバイスをしあったりなど、有意義な機会になることを企図した「ボランティア交流会」です。

     

    地域を支える皆さん同士、更に強いネットワークで繋がりあうことで、地域ももっと元気になっていくと思います。

     

    皆さん口をそろえて「楽しくボランティアやることが大事」とおっしゃいます。キャッチコピーは「あなたの元気が地域の元気」ですが、みんなで楽しく、みんなで元気になれるようご一緒に頑張りましょう!

     

    次回の開催は来年の3月を予定しています。本日はご参加ありがとうございました。


    納涼祭

    0

      2019年8月3日(土)

      今日は白朋苑の納涼祭。最高気温は34℃、いつもどおりですが、今年も暑い暑い中の納涼祭となりました。

       

      ▲小さな子ども向けのゲームにも長い列ができています。

       

      ▲「なんでもつかみ」ゲーム。何がつかめるかな?

       

      ▲こちらはビニルヨーヨー。プールの水が気持ちよさそうです。

       

      ▲いつの間にかこの賑わい。

       

      ▲生ビールいかがですか〜

       

      ▲やぐらの上では太鼓に合わせて盆踊りが始まりました。ドンドンドン!

       

      ▲皆さんもご一緒に踊りましょう。

       

      ▲中里学童クラブの皆さんによるけん玉パフォーマンス。大人気です。

       

      ▲提灯に灯りがともりました。

       

      ▲盛り上がっています。

       

      ▲18時半からの抽選会の様子。子どもたちの前へ前へという圧力がすごかったです!

       

      ▲抽選会で豪華賞品を当てた皆さん。

       

      羽毛布団を当てた方は、大きな布団を両手にびっくりした表情でした。またゲーム機の当たった子どもは嬉しさのあまり(?)職員に抱き着いたり、駈け出したり…喜んでくれていたようです。

       

      賞品は羽毛布団やゲーム機の他にも、箱入りのジュースやお茶、スイカ、蘭の鉢植え、ボードゲーム、おもちゃなどさまざま。お米(ななつぼし5キロ)は40名もの方に当たりました。*

       

      今回納涼祭に参加された人数は800名。昨年よりも更に増えての大賑わいぶりでした。

       

      白朋苑の近くに住んでいても通常、施設内に入る方は限られているかと思います。白朋苑は災害時もそうですが、地域福祉の拠点としての役割を担っています。日頃から地域の皆さんと寄り添う身近な施設でありたいと、納涼祭の他にも様々な催しを行っています。

       

      白朋苑にぜひご注目をお願いします!

       

      *納涼祭に協賛いただいた企業の皆様 (順不同)

       

      (有)平本牛肉店、(有)まゆみ薬局、JA港南支店、越後屋豆腐店、大岡歯科、神奈川中央ヤクルト販売(株)、キングラン メディケア(株)神奈川支社、サクシード(株)、サニクリーン、パスコショップみるく黒田牛乳店、花ともだち大塚、ふるや(株)、(有)中村商店、渡辺商事(株)、(株)ジャパンビバレッジ、(株)カナミックネットワーク、(株)柴橋商会、(株)新横浜青果、合同会社UCS、日興テクノス(株)、(株)貝宝、広光商事(株)、木村印刷所、大洋建設(株)、(株)東京設計事務所

       

      他、民生児童委員、友愛活動員、個人の方、自治会、地域の町内会、商店会、小中学校、社会福祉協議会よりご寄付を頂戴しております。ありがとうございました。


      藤の木中学校福祉委員の皆さんが来苑

      0

        2019年7月9日(火)

        藤の木中学校福祉委員の皆さんが来苑してくれました。今年もリコーダーの演奏をしてくれたり、在苑者、ご利用者の皆さんとおしゃべりしたりと楽しい時間を過ごしました。

         

        ▲2階と3階、二つのグループに別れて演奏やお話をしてくれました。こちらは3階の様子。

         

        ▲こちらは2階です。部屋にいらっしゃる在苑者の方には、部屋まで行って演奏もしてくれました。

         

        在苑者の皆さんとの楽しい交流の様子を撮影させていただきました。

         

         

         

         

         

         

         

        ▲最後は握手をしてお別れしました。いつもそうですがちょっと名残り惜しいですね。

         

        初めて会う方や自分より年長の方とお話するのは勇気がいりますよね。でも生徒の皆さんはとても上手にお話していました。

         

        在苑者の皆さんがやさしく接していらっしゃり、生徒さん・在苑者ともにたくさんの笑顔が見られました。職員も「あ、あの子知ってる」「去年よりずっと大きくなってるね」とか話しながらニコニコしていました。
         

        福祉委員の皆さん、おかげで楽しく過ごすことができました。また来て下さい。ありがとうございました。


        中里町友会館で「かよう吹矢の会」

        0

          2019年7月9日(火)

           

          地域包括支援センター白朋苑も後援する「かよう吹矢の会」をご紹介します。中里町友会館で毎月第2・4火曜日に開催中です。

           

           

           

          ▲会場は中里町友会館。きれいでモダンな建物です。

           

          皆さんが実際に吹矢を吹いている様子を写真に撮らせていただきました。

           

          ▲はじめと終りには必ず礼をします。

           

          ▲下の白い線は、的から6メートル、7メートル、8メートルの線。遠いほど難しくなるので、自分に合った距離を選ぶことができます。

           

          ▲スポーツ吹矢独特の構えと呼吸を行います。

           

          ▲精神を集中して一気に吹きます。

           

          ▲3分の間に5本の吹矢を吹いて1ラウンド。

           

          ▲息を吹く「フッ」という音と、的に当たる「スコッ」という音が響きます。

           

          ▲1ラウンドごとにメンバーチェンジしていきます。

           

          ▲1ラウンドごとに得点を集計。

           

          初めてスポーツ吹矢を見せていただきました。わいわい賑やかなレクレーションを想像していましたが、スポーツ競技の練習なんですね。和やかな会ですが、皆さん真剣でした。男性が多いのも特徴です。

           

          3分1ラウンドの間に、構えをし、呼吸を整え、一気に息を吹く(それを5回)。2時間半の間には何ラウンドも行いますので、程よい体操と心肺を刺激できる良い運動になります。

           

          また集中力を必要とされますので、精神面の刺激にもなりそう。スコッ、スコッ、という吹矢が的に当たる音も気持ちいいです。

           

          かよう吹矢の会は参加者募集中。参加費は1回300円(初回はマウスピース代100円が必要です)。特に予約や申込みは必要ありませんので、毎月第2・4火曜日の9時半〜直接会場にお越し下さい。

           

           


          音楽会

          0

            2019年7月3日(水)

             

            地下食堂で特養の在苑者の方向けに音楽会が開かれました。歌と演奏を聞かせてくださったのは「前途洋々」のお二人。小柴友美恵さんとトニー山本さん。

             

             

             

            小柴さんはミュージカル「ミスサイゴン」などにも出演、トニーさんはアフリカをはじめ世界で演奏活動をしてこられたそうです。実力は折り紙付き、その上、明るくて楽しくて、とてもさわやかなお二人です。

             

             

            演奏された曲目は、「月の夜は」「ラストダンスは私に」「マライカ」「夏の思い出」「ふるさと」「瀬戸の花嫁」「リンゴの歌」などなど、ハワイアンからアフリカ音楽、昭和歌謡、童謡までさまざま。

             

             

             

            途中、パチカ(マラカス:写真左)や、カリンバ(親指ピアノ:写真右)という民族楽器での演奏なども織り交ぜながら、1時間たっぷり聴かせていただきました。

             

             

            透き通る歌声という表現もありますが、ときに天井を突き抜けていくような歌声と、癒されるウクレレの響きがとても気持ちよかったです。

             

             

            在苑者の皆さんも集中して、目も耳も全身を傾けて聴いていらっしゃいました。「良い歌を聴かせてもらえたね〜」「良かったねぇ〜」という声も聞こえてきました。楽しかったですね。

             

             

            実は小柴さんのお母様は白朋苑の在苑者で、トニーさんは白朋苑の近くにお住まいだそうです。そういうご縁もあっての音楽会でした。また公演していただけると嬉しいです。前途洋々のお二人、ありがとうございました。



            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:251 最後に更新した日:2019/09/02

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM