上大岡東保育園の皆さんが来館

0

    5月11日(金)今日は上大岡東保育園の皆さん(園児18名、先生3名の計21名)が来館されました。毎年真珠のかがやきを訪問、元気よく歌を歌ったり、踊ったり、楽しい時間を一緒に過ごしてくれています。

     

    ▲ご利用者の皆さんが円になってお迎えしました。

     

    ▲「ようこそ上大岡東保育園の皆さん」

     

    ▲まずは歌を歌ってくれました。

     

    ▲ご利用者の皆さんと一人ずつご挨拶。

     

    ▲一緒に手遊びをしました。

     

    ▲元気があって可愛いですね。

     

    ▲握手をしたり、タッチをしたりのスキンシップ。

     

    ▲ちょっと恥ずかしがる子もいました。

     

    ▲103歳のご利用者と握手。子どもたちより100歳くらい年上だと聞いてビックリ。

     

    ▲なぞなぞ大会をしました。「ねずみの通う学校はどんな学校でしょうか?」積極的に手をあげて答えてくれます。「小学校」という答えも出ましたが、正解は「チュー学校」でした。

     

    ▲こちらは玉入れゲームの様子。子どもたちが赤、ご利用者が白の玉をカゴに投げ入れて数を競います。

     

    ▲対戦の結果は、白20個。赤63個で子どもたちの圧勝でした。「やったー!」勝ったので大喜びの子どもたち!(飛び跳ねて喜ぶ様子も元気です)

     

    ▲そうこうしている間に時間も過ぎてお別れの時間です。また一人一人と挨拶をしました。

     

    ▲「今日は来てくれてありがとうね」

     

    ▲みんな揃って記念撮影。

     

    ご利用者の皆さんと職員が作った妖怪ウォッチやセーラームーンのキャラクターが入った栞(しおり)を子どもたちにプレゼントしました。

     

    園児の皆さんが2階で準備をしているとき、足音が”どんどん、どんどん”と響いてきました。普段あまり聞かない音でしたので、職員も「元気だなぁ」と感心しました。(真珠のかがやきは大きな音を立てても大丈夫な施設ですので全然OKです)

     

    おかげでにぎやかで楽しい時間を過ごせました。上大岡東保育園の皆さん、ありがとうございました。また来て下さいね。


    真珠のかがやきでフラワーアレンジメント

    0

      真珠のかがやきで、5月7日と8日の2日間、フラワーアレンジメント作りを行いました。

       

      もうすぐ母の日ですので、カーネーションを添えたフラワーアレンジメントを作ります。鮮やかなヒマワリと可憐なカスミソウを組み合わせ、それぞれ作品が出来上がっていきました。

       

      ▲ハサミを使って小さな作業も行います。

       

      ▲葉っぱをバランスよく配置できるよう考えていきます。

       

      ▲男性の皆さんも真剣な表情。

       

      ▲職員もお手伝いしました。

       

       

      ▲最後の仕上げ。微妙な角度が気になりますね。

       

      ▲きれいに出来上がりました。

       

      ▲出来上がった作品は持ち帰ることができるようにラッピングします。

       

      ▲好きな色のモールで口を縛っていきました。

       

      ▲皆さんきれいなフラワーアレンジメントの完成です。

       

      鉢代わりにしたのはペットボトルの底部分。ベースとなるオアシスをカットしたり、花や葉をバラツキのないように準備したり、職員の創意工夫や努力の甲斐もありました。

       

      ご利用者の皆さんも楽しく作られ、出来栄えにも満足していらっしゃったようです。作られている途中もたくさん笑顔が見られて職員も一緒に楽しみました。

       

      ▲いつも仲の良いお二人。

       

      ▲ピース!


      デイサービス5月の貼り絵

      0

        デイサービスの5月の貼り絵ができました!

        清々しい青空の下、紫陽花の花に囲まれて金太郎が相撲をとっています。

         

        今月の貼り絵はいつもより縦が30センチも長い大作です。作った職員に話を聞いたところ「サイズを間違えちゃったんです」だそうです。大きな作品ですので毎月大変だろうと思っていたのですが、パワーが溢れてるということですね!いつもよりも更に迫力を感じます。

         

        大きいこともありますが、貼り絵で、レリーフみたいに半立体的な表現になっているというのも迫力がある理由です。

         

        お相撲さんの太ももの筋肉の力強いこと!盛り上がっています。化粧まわしもキマッてます。

         

        そのお相撲さんの顔の表情が面白いです。眉毛のような目のような…塩をまくポーズも太ったお相撲さんの雰囲気が出てます。

         

        手前の紫陽花と奥の菖蒲の花が季節感を出しています。もうすぐ五月場所(夏場所)ですね。菖蒲の花の背景はただの白い紙ではなくて金色の細い紐が横に何本も貼ってありました。絵が単調にならない工夫です。金太郎の持つマサカリもキッラキラしてます。

         

        金太郎の乗ってきたクマもよく見るとこんなちぎり絵で出来ています。

         

        お相撲さんの持つ塩はスポンジを切って作ってあります。桝の中の塩はてんこ盛りです(左上)。土俵の隅には2ヶ所盛り塩がありました(右上)。手前の紫陽花はきらきら光沢のある紙、紺、青、水色、白、ピンク、赤、いろいろな紙で出来ているのにバランスが良く、ちぐはぐな感じがしませんね。

         

        大きな貼り絵ですが、材料はノリ(ボンド)などを除いて、施設にある物、捨てる紙などの再利用で作っているそうです。

         

        「この紙は○○に使えそう」「この紐は捨てずに□□にできそう」ご利用者の皆さんと職員がアイデアを出し合って作っているのが想像できて楽しくなりました。

         

        デイサービスの貼り絵にはいろいろなアイデアや工夫がいっぱい詰まっていますので、実物を見ていろいろな発見をしてみて下さい。大きな全体を見て迫力を感じた後、細かなところを見ていくのが楽しいですよ!


        デイサービスの4月の貼り絵

        0

          4月になり、デイサービスのエントランスの貼り絵が新しくなりました。今月はチューリップが満開のお花畑。せり出してくるような花々がすごいですよ!

           

          ▲エントランスを入るとこんな感じで絵が見えてきます。色鮮やかで立体的な花のようです。

           

          ▲玄関に入るとだんだん全貌が見えてきました。花だけじゃなく花に囲まれた女の子もいますね。上の方にはツバメが飛んでいて、本物のツバメが玄関から入ってきたみたいです。

           

          ▲正面からみたらこんな感じ。

           

          ▲チューリップの花々の立体感がすごいです!色鮮やかでたくさんの花々はご利用者の皆さんと職員が一緒になって作ったものですが、たくさんあって迫力があります。

           

          ▲女の子はただの女の子ではなく、チューリップの花から生まれた親指姫のなんですね。

           

          ▲(親指姫の話を調べてみました)親指姫は結婚式の日にツバメと共に花の国へ行くのだそうです。そのツバメでしょうか。

           

          親ツバメの胸のあたりがフワフワで羽も羽ばたいているみたいなので本当のツバメに見えました。 雛のツバメも大きな口をあけて餌を食べたい様子が伝わってきます。ツバメの巣はもじゃもじゃしていますがタコ糸のようなもので出来ています。

           

          ▲池の向こうのチューリップ

           

          池の向こう側にあるチューリップは小さく作ってあり奥行きを感じます。ギンガムチェックなどの柄のついた色紙で作ってあるので手前のチューリップとは表情が違い可愛いですね。踊っているようなカエルは親指姫を誘拐したというカエル(?)。

           

          ▲ウサギやミツバチも遊んでいます。

           

          ご利用者が玄関の椅子に腰かけ靴を履く間、この絵をご覧になるそうです。「小さな芋虫はどこにいるでしょう?」と脳トレクイズもできて楽しいですよ、と職員が教えてくれました。(上の写真に芋虫が隠れています)

           

          毎回ですが、写真ではこの貼り絵の良さが十分に伝わらないのでぜひ実物を見てほしいと思います。親指姫の話を思い出しながら見てみるのも面白いと思いますよ。


          白朋苑の周囲からきれいに(清掃ボランティア)

          0

            白朋苑では今年度から月に一度、白朋苑の周囲の清掃ボランティアを行うことにしました。社会福祉法人の「地域における公益的な取組」の1つです。

             

            毎月第一金曜日の午前中に、白朋苑の周囲の道路を掃除します。今日6日は5名の職員が「ビブス」を着用して清掃に当たりました。

             

            きれいに見えても、目立たないところにゴミが落ちています。特にこの辺り金曜日がゴミ出しの日になっているため、ゴミ集積所の周りは小さなゴミなどが散乱していました。

             

            大型ごみと普通ゴミを分け、カラスなどの餌にならないようにネットをかけなおすなどの作業中。

             

            ご近所の方が通りかかり、早速声を掛けていただきました。小さなことですが、清掃がきっかけで会話が生まれることも良いことかと思います。

             

            これからも月に一度、清掃を続けていきます。白朋苑の紺色の「ビブス」を見かけたらお気軽に声を掛けていただけると職員も嬉しいです。



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << September 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:213 最後に更新した日:2018/09/18

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM