「心からありがとうを言いたくて」

0

    2018年大みそか。TVKテレビ神奈川で「心からありがとうを言いたくて〜第7回かながわ感動介護大賞」が放送されました。

     

     

    山口恵美子様の「施設職員の方々へ感謝」がかながわ感動介護大賞最優秀賞に選ばれ表彰された件はこのブログでも紹介しました。[表彰の様子はこちら(ブログ)]

     

     

     

    番組では11月の表彰の様子と、山口様の語りを交えながらご家族の体験が紹介されました。舞台となった白朋苑も取材されています。

     

     

     

     

    山口様のご両親、田中佳年様・チエ様ご夫妻は入居の時期は違うものの、ともに白朋苑に入居されました。佳年様は平成28年に亡くなられましたが、ご葬儀の後、葬祭場に向かう途中で立ち寄った白朋苑で、お母さまのチエ様と最後のお別れができた、という体験が語られます。

     

     

    葬儀当日、相談員や介護担当者がチエ様を白朋苑の玄関までお連れし、お別れができるように段取りさせていただきました。

     

     

    葬儀に参列できなかったチエ様と最後のお別れのときを作ることができ、ご家族にも喜んでいただけて本当に良かったと思います。

     

     

    相談員や介護者は日頃、目先のことに追われる毎日となりがちですが、今回の受賞により「介護を通じて人のために役立ちたいという初心」を思い出させていただくことができました。

     

    * * * * * * 

     

    山口様が感謝のお気持ちを作品にして下さり形にしてくださったことを、白朋苑としても大変感謝しています。職員一人一人のやりがいに繋がることと感じています。改めてありがとうございました。

     

    番組を見逃した、またもう一度見たい、という方は白朋苑までお問合せください。事前にご連絡の上、来苑いただければ録画したDVD(テレビ視聴用)をお貸しします。

     

    またTVKにより例年ユーチューブにも動画としてアップされるようですので、アップされましたらこちらでもご紹介したいと思います。

     

    【おことわり】掲載している写真は TVK テレビ神奈川様、神奈川県のご了承をいただき、番組内の画像を使用させていただきました。

     

    ※2019年4月9日追記----------

    ユーチューブに番組の動画がアップされました。こちらの【 ユーチューブぺージ 】から見ることができます。

     

     

     


    横浜大陽会の忘年会

    0

      12月27日(木)。横浜大陽会の忘年会が開かれました。今年は創立25周年を迎えたのを記念して横浜ロイヤルパークホテルのレストランでの開催となりました。

       

      ▲みなとみらいの夜景はいつ見てもきれいです。

       

      ▲会場レストランはランドマークタワーの最上階(70階)にあります。

       

      ▲会場内の様子

       

      今回の忘年会は白朋会(白朋苑)とむつみ会(六ツ川地域ケアプラザ)の合同での開催となり、100名を超える職員が集まりました。会場も貸し切りとなりました。

       

      ▲たくさんの職員が参加できるようにスタートは7:45分。

       

      ▲島村理事長

       

      島村理事長の挨拶からスタート。このホテルが気に行って会場を選んだ、ということから始まり、白朋苑のこれまでを振り返られました。創設時の戸惑い・失敗や苦労。「人の命を守る」という私たちの仕事の尊さ。そして25年を経て職員が育ってきてとても喜んでいる、などのお話でした。

       

       

      25周年と言葉にすれば一言ですが四半世紀。何もない状態から始まったことを思うとその重みを感じます。現在の職員は、形になり完成された施設があって集まれた職員がほとんどです。創設当時の「次の6ヶ月でデイサービスを作りなさい」「次の6ヶ月でショートステイを作りなさい」という課題の難しさは想像するしかありませんが、考えさせられました。

       

      次の25年、社会福祉はどのような方向に進み、今いる私たちはどんなことを作り上げていける(その力となれる)でしょうか。

       

      会は進み、乾杯、そして食事となりました。

       

      ▲丸山事務長に乾杯の音頭をとっていただきました。

       

      ▲皆さんシャンパンで「かんぱーい」

       

      ▲食事はフレンチのフルコース。(写真はオードブル)とても美味しかったですよ。

       

      ▲食事がデザートに進んだところで、ビンゴゲームが始まりました。リーチがかかった方は起立、カードを見つめる目も真剣になります!

       

      ▲ビンゴで賞品を獲得!

       

      ビンゴゲームの賞品はホテルの食事券やテーマパークのペアチケット、変わったところでは横浜のヘリコプター遊覧チケットなどなど。リーチまではかかるのですが、なかなか揃いません!

       

      ▲当たった皆さん、楽しんで行ってください!

       

      ▲飯田副施設長

       

      その他、新入職員の自己紹介など、楽しく過ごしている内に閉会の時間、飯田副施設長より終りのご挨拶で締めくくりました。

       

       

      終了後は出口で島村理事長、飯田副施設長、忘年会の労をとった事務局の職員が並んでお見送り。職員一人一人と言葉を交わすことができました。

       

      平成最後の忘年会も終了。来年は年号が改まることもあり新しい時代ともなります。良い年、良い時代が過ごせるようご一緒に頑張りましょう。

       

      今年一年お疲れ様でした。


      真珠のかがやきクリスマス

      0

        12月25日クリスマス。真珠のかがやきではクリスマスパーティーを開きました。大賑わいでとっても楽しいクリスマスでしたので、写真多めでご紹介します!

         

        ▲壁に飾られたクリスマスツリー。

         

        ▲ツリーに飾り付けをしてくれている様子

         

        真珠のかがやきでは21日から24日まで、ご近所・地域の皆さんと一緒にクリスマスを過ごすイベントを開催していました。このツリーは来ていただいた子どもたちが飾り付けてくれたものです。リボンがたくさん増えてますね。たくさんの方々が来てくれました。

         

        ▲プレゼントは何を選ぼうかな〜?

         

        ▲地域の皆さんとご挨拶。顔なじみになった方もいらっしゃいますね。

         

        ▲102歳のご利用者と赤ちゃんのふれあう様子も良いですね。

         

        ▲今日(12月25日)のプログラム

         

        館長の挨拶からスタート。そして最初の出し物はハンドベルの演奏です。

         

        ▲サンタの衣装もばっちり決まった職員によるハンドベルの演奏。

         

        「ジングルベル」や「もみの木」「おめでとうクリスマス」の3曲をご披露しました。この日のために練習してきたのですが、きれいな音色で演奏できました。

         

         

        ▲フラダンスでクリスマス。アロハー〜 冬のフラダンス。ゆったりした良い気持ちになり癒されますね。

         

        フラダンスに続いてはマジックショーです。

         

        ▲最初はペンがお札を貫通するマジック。近くで見ても本当に貫通しています!!

         

        ところが、ペンを抜くと貫通していたお札は元通り。穴は開いていませんでした!一体どうなってるのでしょうか・・? 

         

        ▲皆さんもびっくり。驚くやら感心するやら。たくさんの拍手が沸き上がりました。

         

        続きまして牛乳パックが手を離れて浮いてしまうというマジック。

         

        ▲不思議なマジックパワーが宿るという白ひげをつけてご利用者にもマジックをしていただきました。牛乳パックが手を離れて浮いてます!

         

        まだまだマジックは続きます。

         

        ▲首が360度グルグル回る大技のマジックです。本当にグルグル回ってました!

         

        ▲何周もグルグル回るので皆さんも大笑いしていました。

         

        たくさん笑って喉が渇き、お腹が空いたタイミングでティータイム。恒例の大きなケーキをいただきます。

         

        ▲サンタと雪だるまがカワイイ大きなケーキ。

         

        ▲カットする前に皆さんに見ていただきました。皆さん大きなケーキにびっくりされていました。

         

        ▲ティータイムの後はビンゴゲームやクリスマスの歌を歌って楽しみました。

         

        ▲最後に皆さんと記念撮影。楽しい雰囲気が伝わってきます!

         

        1時30分からティータイムの休憩をはさんで約2時間。いろいろなプログラムがありましたが、どれも笑い声がいっぱい上がって大受けでしたね。皆さん手をたたいて喜んでいらっしゃいました。

         

        今日のクリスマスも観覧自由、地域の皆さんはご自由にお越し下さいと告知しての開催。小さなお子様連れのお母さんも見に来てくれて小さな交流が生まれていました。

         

        楽しいクリスマスパーティー、皆さま、お疲れさまでした。来年も楽しいイベントにご期待下さい!


        白朋苑で芋煮会

        0

          11月29日(木)白朋苑で芋煮会を開きました。地域の方にお集まりいただいての食事会です。

           

          芋煮会は地域包括支援センター白朋苑が主催し、区役所、民生委員の皆さんのご協力により年に2回開催しています。

           

          ▲今回は大岡地区、別所地区、藤ノ木地区、サティエ上大岡(サービス付高齢者向け住宅)のご入居者の方など合計53名の方がご参加されました。

           

          ▲南区役所 高齢・障害支援課から活動のご案内があり、乾杯の音頭をとっていただきました。

           

          ▲「芋煮会」という名前ですが、お鍋を囲んで皆でつつく形ではなく、ブッフェ形式でお好きなものを食べていただいています。

           

          ▲特に今回はお肉料理も増やしました。モリモリお肉も食べて、いくつになっても元気でいたいですね。

           

          ▲皆さんたくさん召し上がっていただいたようです。

           

          ▲デザートには紅茶とケーキもお出ししました。「とってもおいしいです」と言っていただけました。

           

          ▲毎回ボランティアの方による出し物があります。今回のお楽しみは「ひょっとこ踊り」。面白いひょっとこのお面をつけて席の周りを踊っていただきました。

           

          ▲この顔で来られたら笑わずにはいられません!

           

          ▲大人気で握手を求められていました。

           

          ▲ひょっとこ踊りの後はしばらくご歓談のひととき。初めて顔を合わせた方々も楽しそうにお話をしていらっしゃいました。

           

          ▲帰りにはおみやげに季節の野菜をお配りしています。今回は玉ねぎでした。こちらもおいしく召し上がって下さい。

           

          12時から1時間半という時間でしたが、楽しくお食事と歓談の時間を持っていただけたのではないでしょうか。地域の皆さんと顔を合わせての食事会が、皆さんと顔が繋がる・地域が関わり合いを強めていける機会の一つとなれば幸いです。


          サティエで火災避難訓練

          0

            11月27日(火)、今日はサティエ上大岡で火災想定避難訓練を行いました。

             

            ▲相談員が火災を発見、火災報知器で火災を通報します。

             

            今回は実際に火災報知器を使って、建物内のベルを鳴らし、消防署に通報するという訓練を行いました。実際にベルを鳴らして、その警報音を入居者の皆さんにも知ってもらい、消防署との火災の連絡も行う訓練です。

             

            ▲消火器を使い、火災の火元に向かって初期消火を始めます。

             

            ▲消防署へは通報が自動で行われ、火災通報専用電話を通じて連絡が来ました。また隣接する地域包括ステーションのおひさまネット24、居宅介護支援センターの職員に応援要請の電話連絡も行いました。

             

            ▲ベルの音に入居者が廊下へ出て来られ、早速、避難が始まります。

             

            ▲隣接する地域包括ステーションの職員が避難の応援に駆け付けてきました。1階と2階に別れて入居者の避難を手伝います。

             

            ▲職員の手引きによって2階の入居者も非常階段から避難されました。

             

            ▲白朋苑の苑庭へと避難。

             

            ▲ 点呼の後、南消防署大岡出張所長から講評をいただきました。

             

            ▲講評の後は水消火器を使った消火訓練。

             

            ▲今回は入居者の方にも水消火器訓練を行って頂きました。

             

             

            今回の火災報知器を使って警報を鳴らす訓練でわかることもいくつかありました。

             

            このような訓練は繰り返し行うことが重要と南消防署大岡出張所長から講評がありましたが、訓練を定期的に行い、入居者の方にも訓練に加わっていただき、避難の手順の経験と防災の意識を共有して持つことが大切だということ。

             

            設備には万全を期していますが、加えて人による訓練も必要と考えていますので、定期的に訓練を行ってまいります。ご協力をよろしくお願いいたします。



            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:251 最後に更新した日:2019/09/02

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM